ニキビ跡で肌が赤い

HOME > ニキビ跡で肌が赤い

赤ら顔の原因として、「ニキビ」や「ニキビ跡」があります。

炎症が伴っているニキビの場合、広範囲に渡って出来ている場合が多く、余計に赤ら顔にみせてしまいます。ニキビで肌が赤い場合の改善方法を紹介しておきます。

ニキビの洗顔

ニキビやニキビ跡の改善方法

ニキビは、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」があり、スキンケア方法や基礎化粧品がそもそも違います。その他、自分の肌が脂っぽいのか乾燥気味なのかでもスキンケアが違います。

大体、10代までは脂っぽい肌でニキビができやすいので、プロアクティブやクレアラシルなどの脂性肌用化粧品がおすすめです。

思春期ニキビのスキンケア化粧品はコチラ
【3900円!】プロアクティブ30日トライアルセット!

一方、20代以上は脂性肌用のニキビケア化粧品を使うと症状がさらに悪化してしまうので注意が必要です。保湿ケア重視の化粧品がおすすめです。

大人ニキビのスキンケア化粧品はコチラ
ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen

※10代、20代以上で区切りましたが、あくまでも自分の肌の状態で判断するといいと思います。

◎すでにニキビ跡がシミになってる場合は・・・

シミやニキビ跡には「ハイドロキノン」という美容成分が有効です。ハイドロキノンは、すでに出来ているニキビに良いとされます。⇒透明感のある肌にハイドロキノン化粧品

話題のダイエット方法